底辺女子大生の備忘録

舞台『ナイスガイinニューヨーク』

 

2016年12月11日に書いた記事です。

映画『帝一の國』大ヒットしましたね。3回観ました。舞台もずっと気になっていたんですがいまだに観れていないので、近いうちに観たいです。

 

-----

 
舞台『ナイスガイinニューヨーク』をみたので感想をかきます。

昨日のソワレみました。

主演は井上芳雄さん、間宮祥太朗さん。
『勇者ヨシヒコ』などでお馴染みの福田先生の演出&大好きな俳優ふたりが兄弟役、しかも芳雄さんがプレイボーイな兄で間宮くんが内気な弟!ずっと楽しみにしてました。
ただひとつ気になることがあるとすれば、間宮くん、歌えるの…?
わたしは彼が歌っている姿を、AKR47と幕×JAPANでしかみたことがなかったので(察してください…)、現段階での技量をぜんぜん知りません。なんというか…その……大丈夫か!?と、とにかく不安だったわけです。

それでは本編の感想です。ネタバレあります。

 

 

 

 

 

間宮、、、、、よくがんばった〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!( T_T)\(^-^ )

 

歌唱シーン直後の心情です。いや何様だよって感じですけど

よかったです!!!!!最初の兄弟デュエット、兄が誘うと弟が「無理だよ〜泣泣」みたいにぐずるくだりがあってわたしも心の中で「コケたらどうしよ〜!?泣泣」とぐずっていたのですが、大丈夫でした!ソロも素敵でしたよ!贔屓目もあるかもしれないけど(笑)
まだまだ伸びしろありますし、今後ミュージカルに挑戦する姿をみたいです。彼は舞台でみたい俳優だなあと思っています。(舞台でみたい人と、テレビや映画でみたい人ってそれぞれいませんか?明確な理由はないんですが…)
ただ声がハスキーっぽかったのが気になりました。地声あんなかんじだっけ…?体調大丈夫かな?しっかりケアして千秋楽までがんばってほしいです!

 

あと、1幕のときのほっぺが赤いメイクがとってもかわいくて忘れられません。あれは間宮史上にのこると思います。駄々こねてぐずってるのにもきゅんとしました。

 

内容は、もうとにかくパロディの嵐でおもしろすぎました。本当にずっと笑っていたので、終わってからもしばらく顔が笑顔のまま固定されてました。
笑いどころは数え切れないくらいありましたが、個人的に好きなのはTdVのところです。曲聴きたくなっちゃって、家に帰ってCDかけました。あと、芳雄さんがPPAPのパロディやったあとに「こういうの慣れてないんだよ」的なことを言っていたのがなんだかかわいくて面白かったです。歌うまいネタも。

 

わたしは主演の2人が特に好きなので兄弟に注目しがちでしたが、他のキャストの皆さんもとにかく濃い!パパママ筆頭に、死体専門女優(わたしも固有名詞に弱いので名前が思い出せません)もぶっ飛んでいて面白い!
吉岡里帆さん、朝ドラ出てたな〜くらいしか知識がなかったのですが、なんとも不思議で独特な雰囲気が素敵です。影アナ元気いっぱいで癒されました!一か所とんでしまったところがありそれについてカテコで謝罪しまくっていましたが、芳雄さんのつっこみで無事にネタになりましたしああいうのも生モノ感あって好きです。

アドリブも多いみたいで、もう何度でもみたくてしかたないです。後半の熟してきたころ、面白いだろうな〜!はやく貧乏学生脱して週2くらいで観劇したいです。就職活動がんばります。

 

それでは今日は武士ロックフェスのDVDみながらレポートかこうと思います。